メールマガジン 成功への道しるべ(Success Guide Post)

発行以来22年になる、成功哲学を実践的に学べるメルマガです。
内容の質が高くしかも、分り易という評価を得ています。
このメルマガはあなたを成功へと導く羅針盤となります。

■発行日:第2・第4水曜日
■購読料:無料
バックナンバー(過去3回分)

成功への道しるべ(Success Guide Post) 最新号サ


 

成功への道しるべ(493号)           201789日 

 

      目標の後に“ありがとう”(2)

 

◆前号では、“キレイに使っていただき、ありがとうございます”と

書かれたトイレはまず例外なくキレイに使われていることを例に、

 

 目標が達成されたものとして完了形で表現し反復すると、既に現実の

ことであるかのように行動が誘導され、“ありがとう”を付けると

その働きが更に強められるという内容でした。 その続きです。

 

 

【目標を明確にイメージすることの支援】

 私達の頭脳はイメージしていることを実現しようと働く「自動目標達成装置」

です。

 酸っぱいレモンをイメージすれば、この装置が働き現実にレモンはなくても

自動的に唾が出てきます。またそれを意志の力で止めることが出来ません。

 

 ですから目標の達成された姿をハッキリとイメージすると

「自動目標達成装置」が機能し、目標達成への行動を自動的にとるのです。

 

 ただ私達は既に達成されていることなら特別な能力がなくても誰でも

容易にイメージできますが、これから達成しようとする目標をハッキリと

イメージするには想像力が必要となります。

 

◆想像力という能力は人によって差がありますが、達成すべき目標を明確に

イメージするために想像力を支援する方法があります。

 

 その方法が,目標が達成されたものとして完了形で表現し、更に

“ありがとう”を付けたアファーメーションを作り、それを反復することです。

これなら誰でも簡単にできます。

 

 

例えば「私は元気になりたい」とか「私は元気になる」と反復するより

 

「私は元気だ(or元気になった)ありがとうございます。と反復するのです。

 

 この効果は大脳生理学的にも証明されています。

 それぞれ数十回反復した後、ドーパミン(元気ホルモンのようなもの)

の分泌量を測定すると圧倒的に違うそうです。

 潜在意識はよく云うことをきくのです。

 

 

【目標達成のためのアイディアの閃き】

◆私達は高い目標、困難が予測される目標を前にして、どのようにすれば

達成できるかと考えるのです。

 

 無論そのことは必要なのですが、しばしば陥りやすい問題は、考えるほど

問題点が見つかり、無理な目標ではないかとか、やはり止めておいた方が

いいのではないか等と心が揺れるのです。

 

 このことは「自動目標達成装置」の正常な働きを妨げることになります。

 

◆「どのようにして」というのは基本的には潜在意識の仕事です。

 

 私がやるべきことは、性急に解決策を求めるのでなく潜在意識の働きを

信じて目標が達成された姿をイメージすることで、

その解決はいったん潜在意識に託するのです。

 

 潜在意識は私達が別の作業をしている間も、眠っている間も、記憶の倉庫に

貯えられた各種のデータを調べ、過去の各種の経験を検討します。

 

 そして思いもよらない時に、アッと驚くような素晴らしい、独創的な

アイディア、閃きが与えられます。

 

 このような自分でもどこから来たのかわからないような洞察力の閃きは

潜在意識の働きによってもたらされたもののほかなりません。

 

 目標を完了形で表現し“ありがとう”を付けたアファーメーションを

作成し反復するのは、このことにも効果があるのです。

 

◆実践に当たっては、声に出して反復するだけでなく、紙に書いて見える

ところに貼っておくことや、毎日紙に何回か書くこともおすすめです。

 

 長年のお付き合いのある京都の精密機械のメーカーで高いシェアで

海外にも販売されている会社のM社長の事例です。

 

 出社されると、まず6回書くことをもう10年近く続けておられます。

ある時から“ありがとう”も書くようになったそうです。 

 

 会社がピンチに陥った時やりはじめて、その後は、ずっと業績が順調

なので、今では止めるのが恐ろしくて継続できていますとのことです。

 

 前々回と前回、「成功への心構え」と「目標の達成」に“ありがとう”が

役に立つという内容でしたが、次号も“ありがとう”の利益について。

 

 

編集後記

 

◆どんな自己啓発の本やプログラムにも、目標を口に出して反復すること

アファーメーションの効果について述べていますが、

 

 繰り返し言っていることは実現されるというのではないことを認識して

おくことが大切です。

 言っていることが実現するのではなく、イメージしていることが実現するのです。

 

 アファーメーションはイメージするための効果的な手段です。

“ありがとう”もイメージを支援するために使えるのです。

  

■成功への道しるべ、についてのご感想・ご意見大歓迎です。

                s-naniwa@sgp-jp.com まで

 

■メルマガ登録と解除→ http://www.mag2.com/m/0000094697.html

 

571-0013大阪府門真市千石東町19-14  Tel072-813-4131

 サクセスなにわ(株)  代表 田中得夫 

  Fax072-813-4132    E-mails-naniwa@sgp-jp.com

 

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます

※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

 

◎成功への道しるべ(Success Guide Post

  のバックナンバーはこちら

http://archives.mag2.com/0000094697/index.html?l=atn0004ec4

 

◎成功への道しるべ(Success Guide Post

  の配信停止はこちら

http://www.mag2.com/m/0000094697.html?l=atn0004ec4