メールマガジン 成功への道しるべ(Success Guide Post)

発行以来22年になる、成功哲学を実践的に学べるメルマガです。
成功の原理原則が身近な事理と関連付けられ書かれ詠るので分り易区、役に立つと多くの個人や企業・組織で活用されています。。
このメルマガはあなたを成功へと導く羅針盤となります。

■発行日:第2・第4水曜日(第1・第3水曜日はお知らせ瓦版)
■購読料:無料
最新号サンプル


 

 

 成功への道しるべ(513号)              2018613日 

         

        「ありがとう」で成功者になる(1)

 

◆題記の主旨のテーマの講演を、あちこちでやっています。この内容をいずれ

小冊子か本にまとめようと思っているのですが、Dead Lineという期日がないと、

なかなか進みません。

 

そこで毎月2回配信しているこの「成功への道しるべで」を利用することにしました。

しばらくは、このテーマで配信を続けますので、お付き合いください。

 

SMIという成功哲学のプログラムと、その講演とどういう関係があるのかと

思われるかもしれません。

 

そこで私とSMIプログラムの出会い、また私とSMIビジネスとのかかわりを知って

いただいた方がスムースに理解できるので、そのことに少し触れておきたいと思います。

 

◆私は大変ホットな話題になっている日本大学を卒業しました。

(まったく困ったことです)理工学部機械科を出てダイフク株式会社に入社しました。

 

ダイフクというのはBtoBの会社なので、余りなじみがないかもしれません。

工場や倉庫などの無人化にはロボットが注目されますが、稼働させるには部品や製品の

自動物流設備、自動倉庫などが必須となります。

 

総称してマテハン設備(マテリアル・ハンドリングの略)と云われますが、この種の設備

を納入している会社で、この分野では世界一です。

 

とくに最近無人化のニーズが高く世界中から引き合いが殺到しているのはいいのですが、

一件一件仕様もが異なるので納入まで時間がかかり膨大な受注残を抱えて大変なようです。

 

私は主にトヨタ、ホンダ、三菱,ダイハツ等々の自動車メーカーの担当でプラント営業的

な仕事をしていました。

 

高度成長の只中にあって、各メーカーが国内、海外で競って設備を増強をしている時代です。

それなりにやりがいを感じ張り切って仕事をやっていました。

 

 

◆40歳を過ぎて自動車メーカーが多い愛知県で営業所長の役職にありました。

そんな時SMIとの出会いがあったのです。

 

「成功の秘訣」をセールスして大成功したSMI創立者ポール・マイヤー氏の

日本縦断講演 という広告が新聞に大きく掲載されていたのです。

 

名古屋ではなかったので京都のリーガ・ロイヤルホテルへ聞きに行きました。

1000名の入る会場は満席で熱気にあふれていました。

 

翌日どの新聞にも大きく取り上げられていて、これからは「モノではなく心の時代だ」

というような主旨のことが書かれていたのです。

 

私はその講演を聞いてSMIのプログラムだけでなく「心構え」がビジネスになる

ということにも大変興味をひかれました。

 

他の人の成功に貢献し、自分も成功のノウハウを学び成功することが出来る、

これはなんと素晴らしい仕事だろうと、単純にそう思ったのです。

 

そうは思っても普通はそんなことはやらないものですが、魔がさしたのか、見えない

力が働いたのか、私は脱サラしてSMIの仕事を始めようと思ってしまったのです。

 

周りの人達は猛反対でした。ちょうど子供達の教育費などに一番お金がかかる時です。

フルコミッションで聞いたこともない教材の販売なんて、何を考えているんだ、

ということなのです。

 

会社の方には迷惑をかけないようにと、半年も前に来年の3月で辞めたい旨申し出て

いましたので、後任の人事も決まっていました。

 

だから反対されたからといって、後戻りなどできません。

結局予定通り1987年の3月末に退社し、4月からSMIの仕事を始めたのです。

 

 

サクセス名古屋というSMIの代理店に所属して始めたのですが、

数日でこれは大変な世界へ飛び込んだということを痛感しました。

 

フルコミッションの世界では、売ることに関して天才的な人がいるものです。

私にはとても真似が出来るとは思えない存在で自信を無くしました。

 

一方大部分の人達はどうやって生活しているんだろうと思うくらい悲惨な状況で、前月の

販売実績はゼロという人も大勢いるのです。不安と恐怖にかられました。

 

それまで営業の仕事をしていたといっても、扱うものは全く異なります。

またそれまではお客様から引き合いがあっての営業です。

 

自分で見込み客を探し出すこと等やったことがありません。分

かっていたことですが全く勝手が違います。

 

しかも売らなければ収入はありません。もう投げ出してしまいたい気持ちに

もなりましたが反対を押し切ってやった手前そういうこともできません。

 

なんとしてでもやるんだという意識でやれば、何とかなるということは、

貴重な体験だったかもしれません。ただ二度と味わいたくない経験です。

 

今でも悪戦苦闘していた時のことを夢で見ることがあります。

 

 

◆ただ苦しみながらも、必死でやっていると少しづつ売れるようには、

なってはいきました。

 

5年近く経ったときSMIジャパンの総責任者である有田平氏から電話があり、

来年から本部でセールス・トレーナーの仕事を販売を兼務しながらやってほしい

という依頼があったのです。

 

私自身が、どうしたら売れるようになれるかと苦しんでいて教えてほしい状況な

ので全く想定外のことでした。

 

「人に教えること等とてもできないし、私より多く販売している人が他に何人も

いるのになぜ?」と尋ねると、

有田氏は  

「田中さん、あなたの場合、売れるセールスマンには全く見えない。

けれどそこそこ売っている。それがいい???」というのです。

 

「そこそこ(売っているといっても私の場合は、スキルがあってでなく独身の若者らと

違って彼らの何倍も稼がねばならず、そのため彼らの何倍も働いているからだけで、

とてもできるとは思えない」といったのです。

 

有田氏は

「どうしたら売れるか?そんなことは教えて教えられるものではない。それより

あの売れそうにない田中さん???でも、そこそこ売っている。

 

それを見たら売れていないセールスマンや、これからSMIの仕事をしようか

どうか迷っている人は、自分なら、もっと売れそうだと彼らに自信や勇気を

与えることが出来る。」といわれるのです。

 

少し複雑な思いでしたが、結構高い講師料にも魅力を感じて毎月4泊5日の

セールス・トレナーの仕事を引き受けたのです。

 

5年やったのですが、結果的にこの経験は私にとって大変なプラスになりました。

 

人に教えることは、何倍も学ぶことになります。SMIやポールマイヤー氏の

考え方や販売の真髄をより深く、また実践的に学ぶことができました。

 

その後一本調子に順調だったわけではありませんが20年以上に亘ってSMIの

ビジネスを続けられてきたのは、そのお陰です。

 

 

◆ただある程度売れるようになってからいつも頭の隅あった課題は、SMIを購入

された方が、多くの場合それほど活用されていないことですことです。

 

SMIは世界的にも日本でも多くの著名な成功者がSMIを高く評価されています。

しかし正しく言えばSMIで成功されたというより、既にそれなりに成功されていた

のでSMIを効果的に活用できたといえるかもしれませんせん。

 

SMIによって自分の考えや行動パターンが間違いでないと確認でき、それが系統的

にまとめられているので役に立つのです。

 

ただこれから成功をめざすという場合は、それほど簡単にいきません。

教材を学んだだけでは、まだ何の結果も得られていません。

 

学んだことを無意識のうちにも実践できるようになることが必要なのですがそれは

簡単ではありません。

 

勉強してから実践し成功しようとするのは、たいがい上手くいかないのです。

 

私達は英語を何年も学びながら活用できないのは、そのためです。外人の相撲取りは

多分日本語の勉強等したことがないのに、皆流暢に使っています。

 

野球やサッカーと違って相撲の場合は、日本語を使わないと生活も稽古も成り立たない

という環境に置かれるからです。

 

また世の中には自己啓発の勉強など一切やったことはなくても大成功されている方は

いっぱいおられます。

 

偶然成功出来たのではなく、どのようにして学び身に付けたかは様々ですが、要因は

成功の原理原則に適った行動が、無意識のうちにもとれているからです。

 

前術の有田平氏は「どうしたら売れるようになれますか?」という質問に対して

「売れば分かる」と答えられていました。これは迷言でなく名言・哲学です。

 

成功も同じです。どうしたら成功できるか、一番の方法は成功することです。

成功すれば分かります。そんな矛盾した話となるのですが

「ありがとう」の出番がここにあるのです。

 

「ありがとう」を活用することで、小さな成功を体験することができます。

 

「ありがとう」によって「私」ではなく潜在意識である「もう一人の私」が成功を

前もって体験することが出来るのです。

 

そして成功の原理原則に適った行動が自動的にとれるようになっていきます。

そこにSMIプログラムがあれば鬼に金棒です。

 

                             次号に続く。

 

 

 

 

編集後記

 

■講演の際、出席者の方に、後で確認できるよう、要点をまとめた冊子(A5サイズ10頁)を

 配布しています。ご希望あれば無料で送付します。下記メール等で直接お申し込みください。

 

■〒571-0013大阪府門真市千石東町19-14  Tel072-813-4131

 サクセスなにわ(株)  代表 田中得夫 (090-4307-4308)

  Fax072-813-4132    E-mails-naniwa@sgp-jp.com

 

 

 

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます

※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

 

◎成功への道しるべ(Success Guide Post

  のバックナンバーはこちら

http://archives.mag2.com/0000094697/index.html?l=atn0004ec4

 

◎成功への道しるべ(Success Guide Post

  の配信停止はこちら

http://www.mag2.com/m/0000094697.html?l=atn0004ec4